「男はつらいよ」45周年記念 私と寅さん

寅さんもう一度

松本真(さま (50代~ ) 北海道、東北 在住

私の場合、27作目「浪花の恋の寅次郎」、32作目「口笛を吹く寅次郎」、そして34作目以降の全作品を劇場で見ました。またレンタルビデオで、残りの全作品を見ています。真っ先に思い浮かぶのは、35作目「寅次郎恋愛塾」です。実際あんな手順で、デートがうまくゆくものかと、当時も劇場で見ていました。最後の、山中でリフトに乗って、平田満をみんなで探しだす場面では、まさに涙と笑いが一緒に来ました。なきながら笑い、笑いながら涙でした。「若菜ちゃんが、お前のこと愛しているってよ」の寅さんのセリフに、恥ずかしそうにする若菜が素敵でした。
48作目「寅次郎紅の花」では、泉ちゃんと満男君が、海辺でやりとりする場面が好きです。満男君に甘いセリフを期待する泉ちゃんが、非常に可愛らしいです。
寅さん映画が終わって、約20年経ちますが、ものの考えかたもかわっていくようです。以前は、「そこが渡世人のつらいところよ」のセリフとともに、マドンナをすっぱり諦め、旅に出る寅さんに共感したこともあるが、今は、リリーさんの言うように、「若い時の恋はぶざまでも格好悪くてもいいじゃないか」の考え方が正しいと思います。一生に一度の人生ですから、おおいに恥をかくべきだと思います。
さわやかで、ベストカップルだなと思うのは、40作目「寅次郎サラダ記念日」の三田寛子と、尾美としのりコンビです。あんな交際もいいですね。笑ってしまったのは、37作目「幸福の青い鳥」での長渕剛の「若いときは天才だと騒がれたが、看板屋で仕事しているうちに、描く絵がだんだん看板みたいになってきた」のセリフです。31作目「旅と女と寅次郎」で、寅が、「海、ゆかばー」と歌いだすのも笑えます。38作目知床慕情では、すまけいのセリフ「りん子ちゃん、もうどこにも行くな」が、じんときます。別に悲しい場面ではないのだが、ふっと目がしらが熱くなりました。また、31作目「旅と女と寅次郎」もせつないです。けっきょくスターのはるみちゃんと庶民の寅との間には、越えられない壁があるようです。
ストーリーがわかっていても、何回も見たい映画が名画だと思います。今では半年先、あるいは1年先の寅さんを待っていたころが懐かしいです。


いつ寅さんに会っても良いように。

大沢祥子さま (~20代 ) 北海道、東北 在住

幼稚園の時からの寅さんファンです。今でも寅さんを週に2回は観ています。きっかけは、別の映画を家族で観に行った時、当時5歳だった私が、映画の前に流れた男はつらいよの宣伝にゲラゲラ笑ったため、両親が「男はつらいよ」の映画に連れていってくれたことです。舞台あいさつには3度行きました。人があふれるほど満席で、通路に座ったことがありました。舞台から3列目の中央に座ったこともありました。その時、ひざの上に幕の内弁当をのせていたら、渥美清さんが冗談のように、別の観客の男性に向かって「おい、弁当食いながらみてんじゃねーよ」と言ったため、私は自分も怒られるんじゃないかと思ってこっそりとお弁当を隠しました。
あの時の私は子どもだったので、寅さんは目もくれませんでした。今の私だったらどうでしょうか。肩書きや上っ面では人を判断しない寅さんに、声をかけられるような魅力的な女性になれているでしょうか。そう、自分に問い掛けると、本当に大切なものだけがみえてくる気がするのです。


柴又より愛を込めて

会津高田駅前の小林食堂店主さま (50代~ ) 北海道、東北 在住

オープニングのロケ地がある高田駅前で今年88年目を向かえた老舗食堂です、南正時氏が寅さんが食べた支那そばとして当店の紹介をしていただきました。


  • 文化放送 新・みんなの寅さん
  • 寅さんのことば
  • 寅さんのことば 風の向くまま気の向くまま 佐藤利明
  • 寅さんのことば 男はつらいよ寅次郎音楽旅