「男はつらいよ」45周年記念 私と寅さん

教えてくださ~い

石川たくやさま (50代~ ) 関東 在住

北海道、夜汽車の中で初めてリリーを見た寅さんは、その後、港町でリリーと初対面となるわけですが、その直前まで寅さんは路上でレコードを売っていました。寅さんファンなら思い出すでしょう。ところであのときのレコードはなんという歌手のなんという曲のレコードだったのでしょうか?気になって仕方がありません。

 

(お答え)

五木ひろしさんの「あなたの灯」です。


アバヨ!寅さん

やけのやんんぱちさま (60代~ ) 関東 在住

寅さんが別れ際に言う「アバヨ」「達者でな」のシーン、スローな主題歌に淋しそうに電車に乗り込む姿、いつもいつも涙が出てきてしまいます。
きっと現実に天国に旅立ってしまった寅さんが、映画の中の別れのシーンでもそのまま永遠に旅立ってしまうんじゃないかと、ふとそんなことを思い浮かべてしまいます。
寅さんの映画が終了して20年近く経ちますが、寅さんはじめ、御前様、3人のおいちゃん、おばちゃん、タコ社長と次々他界してしまい淋しさが募るばかりです。
テレビでの再放送、DVDでの鑑賞で在りし日の寅さんを偲び、何度も笑い、感動し、そして涙したいと思います。
アバヨ!寅さん


寅さん

ともさま (50代~ ) 関東 在住

寅さんが恋しいです。
他人のことを自分のことのように考えてくれる人。私は柴又の隣、葛飾金町に住んでいます。帝釈天には時々行きます。
一度帝国ホテルの入口で渥美さんに偶然行き会いました。一般人の私にドアを開けてくださり、どうぞとおっしゃって下さいました。優しい寅さんそのものでした。
寅さんに会いたいです。今はどこを旅されているのでしょうか


寅さんありがとう

江原俊之さま (40代~ ) 関東 在住

私は今の日本人にとって、寅さんのように笑いを取ったり、他人に親切にしたり、女性に優しく接したり、ちょっと、バカになってみて遊んでみる精神は心の健康上も必要であると思います。

昔は「寅さん」と「釣りバカ日誌」が正月の映画だったのが、いつの間にか正月映画が無くなって、ちょっと寂しい。

現代人で寅さんほど親切な人が果たしているであろうかというとどうであろうか。全く他人のおじいさんに、うな重をタダで御馳走したり、唯で家に泊めてあげる江戸下町人情は世界で通じると思います。そういう私も北千住の、日の出医院という下町の病院で産湯をつかりました。

寅さんには愛や人情があった。これは、日本人の貴重な財産だと思います。


ありがとう、寅さん

ぴよきちさま (30代~ ) 関東 在住

私が「寅さん」を初めて観たのは、渥美清さんが亡くなった後、
テレビの映画番組ででした。
リアルタイムで観たかったなあ。

それにしても、昔の女優さんって、どうしてあんなにお美しいのでしょう。
第一作のさくらなどは、美しすぎて、同じ女性ながら、ぼーっと見とれてしまうほどです。
他のマドンナたちもそうです。
顔形の美しさだけでなく、言葉遣い、一つ一つの仕草、立ち居振る舞いが、つつましく、品があって、しとやかなのです。
今の女優さんで、こんな雰囲気を出せる方は、果たして何人いらっしゃるのか…
(失礼ですが…すみません)
私も、あんな風に、美しくなれたらなぁ。

そして、私の一番好きなシーンが、
第一作で博がさくらに告白するシーンです。
何度も何度も観ては、じいんとしてしまいます。
博の誠実な思いが表れていて、
このシーンですっかり博のファンになってしまいました。

最後に…
「寅さん」は、私の心のビタミン剤です。
たとえ気持ちがささくれだっていても、
寅さんに会うと、心がほかほかしてきます。
これからも、ずっとずっと観続けたいです。
出会えてよかった。大好きです。ありがとう、寅さん。


  • 文化放送 新・みんなの寅さん
  • 寅さんのことば
  • 寅さんのことば 風の向くまま気の向くまま 佐藤利明
  • 寅さんのことば 男はつらいよ寅次郎音楽旅