「男はつらいよ」45周年記念 私と寅さん

テレビのふうてんの寅さん

おおひがし まさはるさま (60代~ ) 九州、沖縄 在住

テレビでの ふうてんの寅さんをもう一度見たいです。笑い転げました。出演者達も、渥美清さんの、アドリブで笑いをこらえて 演技をしてたので、また笑いです。

東京に行った時、真っ先に柴又に寄ったのですが、想像どうりの所でした。山田監督が
あの場所を 寅さんの舞台にしたのが、解ります。私も、大阪出身ですが、大阪の雰囲気が 在るように思えます。


人生の師! 寅しぇんしぇい

いちごさま (30代~ ) 九州、沖縄 在住

寅さんの事を思い浮かべるだけで心がほっとする。
大学時代、48作品全てを観て、その後就活、挫折、浪人、開業、失恋、結婚等々、人生の岐路に立つ度に、幾度寅さんに励まされたか知れない。寅さん、本当にありがとう。
私は寅さんには人生の哲学が詰まっていると思う。何度観ても、新たな発見があり、その時々の自分の状況に当てはまるような登場人物が居て、その人物に自分を重ねる。

「女がどうして可愛くなくちゃ、いけないんだい。」そうそう!!
「私、十九や二十歳の娘じゃないでしょう、結婚ってもっと現実的な問題なの」そうそう!
「人間はなんのために生きてるのかな」 う~ん・・・寅さんの回答、胸に沁みます。
寅さんはとかくヤクザ映画、男性向けの映画というイメージを持たれがち。しかし、寅さん映画には全作品を通して、様々な形で自分らしく生き生きと生きる女性が描かれている。
そこに古さはない。寅さんは現代の女性にも大変優しい応援が詰まっている。

寅さんのテーマ曲を着メロにしていた私。デート中に鳴って、「え!?」っと引かれた事も・・・(笑)でも、今は妹も寅さんにはまり、寅さんの着メロを愛用。私の寅さん熱はじわじわと深~く周りに伝染中。

柴又、田川、高梁、龍野、湯平、日南、田の原、佐賀、別府、杖立等など、ロケ地を訪ねる度、そこには当時撮影に関わった方々が嬉しそうに寅さんとの思い出話をしてくれる。
この出会いは私にとって素晴らしくかけがえのないもの。まさしく寅さんのお導きです。
寅さんこれからも私の人生に寄り添ってくださいね。
寅さん大好き!


しばまた

とらさま (~20代 ) 九州、沖縄 在住

いきたい


心の安らぎでした。

風さま (40代~ ) 九州、沖縄 在住

わたしは不安が酷く、何事をするにしても不安で心がいっぱいになり疲れる毎日でした。20代の時、会社の命令で東京に転勤になりました。友だちも一人もおらず、休日はずっと部屋の中で寝ている毎日でした。そんな時、ふと寅さんを思いだし柴又の帝釈天まで何度足を運んだことでしょう。当時、東京の中野にいましたので、思ったより帝釈天までは遠く、それでも、寂しさを紛らわすために通っていました。そうそう、田舎の両親に帝釈天の参道からイナゴの佃煮を送ったこともありました。
地元に帰って来てからも、寅さんのDVDを少しずつ集め、なにか不安なことがあると、「男はつらいよ」のDVDを見て、心を落ち着かせていました。
ある日、やはり精神的に辛いことが多く、疲れている時、自分の地元が御前様、笠智衆さんの出身地であるという事に気がつき、それから笠さんの生家、来照寺を探し、もうすっかり古びてしまっている「『男はつらいよ』の看板」や、「『秋刀魚の味』の看板」「『東京物語』の看板」などをぼーっと見て帰ることが数度ありました。来照寺は、ひっそりと田舎の細道の奥にあり、普通の田舎のお寺ですが、笠智衆さんの立派な記念碑がしかしひっそりと建っています。
その笠智衆さんの生誕100年の時、笠さんの生まれた町に山田監督がいらっしゃってくれました。講演の中で「いつか小津さんの『東京物語』を超えるようなものをつくってみたい」とおっしゃっていましたが、昨年、山田監督はそれを成し遂げられました。
日本人は、いつのまにか「損得」でものを考えるようになりましたが、「男はつらいよ」の登場人物たちは「善悪」でものを考えています。もう、もとに戻ることはないのかも知れませんが、寅さんがいた時代が日本にはあったということは私たちの誇りです。
山田監督にはいつまでも長生きして頂き、安心して私たちが楽しめる喜劇を作り続けてほしいと思います。長々と失礼いたしました。


着メロ

momocoさま (~20代 ) 九州、沖縄 在住

中学生の頃にテレビで見た第18作『寅次郎純情詩集』が一番好きです。それが私が初めて見た作品でした。
それを見て以来「男はつらいよ」にどっぷりハマり、主題歌を着メロに設定していました。
一度試験中に電源を切るのを忘れていて「ちゃーんちゃらららららら~ん」とクラス中に鳴り響いたことがありましたが、それも今となっては良い思い出です。(先生には怒られ、友達にもからかわれましたが)
一風変わった青春でした。


  • 文化放送 新・みんなの寅さん
  • 寅さんのことば
  • 寅さんのことば 風の向くまま気の向くまま 佐藤利明
  • 寅さんのことば 男はつらいよ寅次郎音楽旅