「男はつらいよ」45周年記念 私と寅さん

人生の師! 寅しぇんしぇい

いちごさま (30代~ ) 九州、沖縄 在住

寅さんの事を思い浮かべるだけで心がほっとする。
大学時代、48作品全てを観て、その後就活、挫折、浪人、開業、失恋、結婚等々、人生の岐路に立つ度に、幾度寅さんに励まされたか知れない。寅さん、本当にありがとう。
私は寅さんには人生の哲学が詰まっていると思う。何度観ても、新たな発見があり、その時々の自分の状況に当てはまるような登場人物が居て、その人物に自分を重ねる。

「女がどうして可愛くなくちゃ、いけないんだい。」そうそう!!
「私、十九や二十歳の娘じゃないでしょう、結婚ってもっと現実的な問題なの」そうそう!
「人間はなんのために生きてるのかな」 う~ん・・・寅さんの回答、胸に沁みます。
寅さんはとかくヤクザ映画、男性向けの映画というイメージを持たれがち。しかし、寅さん映画には全作品を通して、様々な形で自分らしく生き生きと生きる女性が描かれている。
そこに古さはない。寅さんは現代の女性にも大変優しい応援が詰まっている。

寅さんのテーマ曲を着メロにしていた私。デート中に鳴って、「え!?」っと引かれた事も・・・(笑)でも、今は妹も寅さんにはまり、寅さんの着メロを愛用。私の寅さん熱はじわじわと深~く周りに伝染中。

柴又、田川、高梁、龍野、湯平、日南、田の原、佐賀、別府、杖立等など、ロケ地を訪ねる度、そこには当時撮影に関わった方々が嬉しそうに寅さんとの思い出話をしてくれる。
この出会いは私にとって素晴らしくかけがえのないもの。まさしく寅さんのお導きです。
寅さんこれからも私の人生に寄り添ってくださいね。
寅さん大好き!


才能だよ

竹村 謙二郎さま (30代~ ) 関東 在住

今年、闘病わずか2ヶ月で、父が逝きました。
親子ながら、妙に気が合う関係でした。
受験勉強中の私に、「プロレスが始まるから一緒に見ようぜ」と誘う、そんな父でした。僕もまた、喜んで父と観戦したものです。新しくなった歌舞伎座の杮落としも2人で行きましたね。
ある時、ほろ酔いの父は僕に言いました。「お前な、寅さんみたいに生きるのにも、才能がいるんだぞ。お前には、それはない。お前みたいなもんは、真面目にコツコツ努力するしかないんだよ」
受験勉強を中断して、父の晩酌&プロレス観戦、プロ野球ニュースに付き合い、CMになった時の話です。
寅さんのようには生きられなかったけど、父の心にも、私の心にも、寅さんは居て、無垢な気持ちを与えてくれたように思います。
その時、その気持ちが本気なら、それでいいじゃねぇか、と。


妄想小学生!!

えんどうまめさま (30代~ ) 関東 在住

寅さんを初めて見たのは幼稚園に通っていた時だったと思います。
物心ついた記憶の中でも寅さんの顔は鮮明で、子供の頃は本気で
寅さんは自分のおじさんと思っていた時期もありました。
寅さんが柴又から旅立って行くと良く悲しくなって泣いていた事も
あります。

きっかけは、父が特に好きで見ていて、映画館へも連れてって
もらってました。子供ながらに「飽きる」ことは無かったです。
お正月になると「寅さん帰ってくるよ~」と思いながら映画を
観たり、テレビで放送された時は予定外の帰郷にちょっと
喜んでいたり。

小学生になると、流石に自分の本当のおじさんとは
思わなくなっていたけれど、その変わり「男はつらいよ」に
子役として出ている自分を授業中に考えるのが楽しみでした。
もちろんその間、授業は全く耳に入ってきません。

国語のノート、算数のノート、ノートなら何でも良くて、
そこに自分の知っている俳優さんや、好きな芸能人の中から
「男はつらいよ」にふさわしい人を選び、自分はマドンナの1人
娘で、お父さんは幼い頃亡くなり、お母さんと2人で生活している
活発な小学生の役、と言うよりまんまで出ていると言う設定でした。

お母さん役を演じてくれるマドンナを選ぶのが一番大変なのですが、
小学生低学年の頃から大好きだったかたせ梨乃さんを若い美人
お母さんとして、自分はお母さんと寅さんを応援するヤンチャな子供。
でも、お母さんには二枚目の恋人がいて、その人よりも寅さんと
お母さんが結婚してくれる事を大きく望む子供の役でした。

寅さんやさくらやおいちゃん、おばちゃん、他の人達。
みんなスクリーンの中、画面の中の人なのにとっても温かい感じがして
毎年”見る”と言うより”会える”と言う感覚でした。

わたしはほとんどテレビを見ないので、現在流行っているものなどが
さっぱりな程わかりません。友達にも「え~!●●知らないとか貴重」
と良く言われますが「男はつらいよ」を1本も見た事ない人がいる事の
方が驚きだと思います。


雨のとらや

masamasaさま (30代~ ) 関東 在住

雨が今日みたいに降ると、雨の日のとらやを思いだします。雨の音と、おばちゃん、おいちゃんが、しずかに待ってくれている気がします。きっと寅さんを思い、待っていたんだろうなあ。せつなく、やさしい気持ちになります。


寅さんの夢枕

杉本明絵さま (30代~ ) 関東 在住

さくらとおさななじみ、のお千代坊が離婚して、柴又に帰って来て、美容室をやって生計を立てていた所にとらさんが旅から里帰り。自分のお部屋が貸されていて、一悶着の所にお千代坊が現れ、一旦落着。お部屋を借りている大学の教授がお千代坊に惚れていることを感じ、教授をからかったり、いじめたりで、やんちゃな寅さんが満開です。この作品では寅さんはモテキャラでお千代坊にもプロポーズされます、がやはりいざとなると、寅さんは腰をぬかし、せっかくの愛の告白を自ら逃げてしまう。

この作品では寅さんとさくらの子供の時のお話と柴又の皆様といっぱい、長く触れられるので大好きです。


  • 文化放送 新・みんなの寅さん
  • 寅さんのことば
  • 寅さんのことば 風の向くまま気の向くまま 佐藤利明
  • 寅さんのことば 男はつらいよ寅次郎音楽旅