「男はつらいよ」45周年記念 私と寅さん

娘よ!いつか分かる日が…

梅干しマイコさま (40代~ ) 関東 在住

私と寅さんは、いわば同い年で今年45歳になります。中学生の時によく友人と映画館に足をはこびましたが、行けばほぼ年配者ばかりで、みかんや煎餅を食べながら (まったく寅さんは、ハッハッハ!(^人^)) と聞こえてきたのを覚えています。
何故、寅さんはいいのか?何故、また観たいのか? それは、出演者全員に[愛]が感じられる所で、心地好く、またあの空気を感じたい!という感覚しかないと思います。
一番の愛の提供者はやはり [さくら] ですよね! 私はその当時から自分に女の子が出来たら[さくら]にしようと決めていました。
運命のイタズラか現在、忘れ物ばかりの長男と長女を授かることが出来ました!
勿論、娘の名前は (さくら) 名前の由来を、いつ、どう言えば良いのか?
それを言っちゃーお終め~よですかね?(^_^;)


大好きな寅さん

あここさま (40代~ ) 関東 在住

昭和43年生まれの私。
小学校低学年の頃から、盆と正月は母と兄と寅さんの映画を見に行くのが恒例だった。
思春期あたりから私と兄は見に行かなくなったけど、母は寅さんが大好きで、友達と見に行っていた。
96年に母はくも膜下出血で倒れてしまった。
それ以来母は寝たきりになってしまったけれど、TVで寅さんが放送される時は必ず見せている。
話せないし、自分では何もできない母だけど、寅さんを見るととてもいい笑顔になる。
だから私も寅さんが大好きだ。


わたしと寅さん

野口 和幸さま (40代~ ) 関東 在住

初めて「男はつらいよ」を観たのは中学生の時、学校の体育館での上映でした。今想えば、山田洋次監督ファンの先生がいたのでしょう。「幸福の黄色いハンカチ」も体育館で観ましたから。
当時、寅さんの夢のシーンからコントの様なオープニング、大笑いさせた後に、ホロリと泣かせる仕立てにグイグイ引き込まれ、大好きになったのです。
埼玉から信州の大学に進学し、土地柄、藤村の文学にはまった私は小諸の城跡にもよく足を運んでいましたので、「寅次郎サラダ記念日」は青春の1ぺージ。寅さんと共に過ごしたかの様な思い入れのある作品です。
そして今では、子どもも成人し、黄昏の時間に始まるBS放送で「男はつらいよ」を観ながら、笑って泣いています。好きな映画は沢山ありますが、私の人生と共にエンターテイメントであり続けてくれている作品、それが「男はつらいよ」です。そしてこれからも寅さんは心の師なのです!


いつも励ましてくれた寅さん

いずみさま (40代~ ) 関東 在住

女で一つで私と姉を育てた母は、テレビで「寅さん」を見るのが大好きだった。毎回毎回同じような場面で涙を流して笑って見ていた。幼い私はよく母と一緒に「寅さん」を見たものだ。
大人になって、私も自分から「寅さん」をよく見るようになった。特に、つらいことがあった時、毎回同じパターンで心が温かくなる寅さんを見てリセットしてきた。同じだからこそ、安心して見て、柴又というふるさとに戻った気がしていた。寅さんに、いつも励まされている気分になった。なんだか心が温かくなって、よし、明日もがんばろう、という気持ちに素直になれた。寅さんは私にとって、幼い頃に亡くなった父のような存在だった。
特に第17作「寅次郎夕焼け小焼け」で、ぼたんを思い青観先生に「これっぽっちもぼたんのことを思っていやしないじゃないか」という寅さんの言葉は、何回見ても胸が熱くなる。人の心って、あったかいな~と思う。
渥美さんの訃報は、まるで肉親が他界したように、身が削がれるような心持ちだった。大船の鎌倉シネマワールドの渥美さんを送る会へ参加した。暑い中、何時間も何時間も並んだが、同じ寅さんファンの皆さんと語り合いながら過ごしたことを覚えている。
柴又の帝釈天での送る会では、オーケストラでの「男はつらいよ」の演奏を聴きながら、隣のおじさんと「この曲を聴くと涙がでるね~」と語り合った。本当に一生の思い出である。
その後、私は結婚し、子どもも一人授かり、この日本で懸命に生きている。これからも人生の様々な節目に、寅さんに励ましてもらうだろう。


ありがとう、寅さん!

珊瑚屋の寅さま (40代~ ) 九州、沖縄 在住

7,8年前でしょうか・・・。仕事に行き詰まり、うちに引きこもりがちになって、時には昼から酒をかっくらいながら、レンタルビデオを借りて映画ばかり観ていた日々がありました。そんなときに、何気なく選んだ映画の一つが、『男はつらいよ』。
あまりにの面白さに一気に全巻見入ってしまいました。
忘れかけていた昭和の風景、忘れかけていた義理と人情、そしてたくさんの笑いと涙と元気を頂き、くよくよした悩みも吹き飛びました。
今では全巻買い揃え、ほぼ毎日観てます。
ありがとう、寅さん!


  • 文化放送 新・みんなの寅さん
  • 寅さんのことば
  • 寅さんのことば 風の向くまま気の向くまま 佐藤利明
  • 寅さんのことば 男はつらいよ寅次郎音楽旅