「男はつらいよ」45周年記念 私と寅さん

寅さんもう一度

松本真(さま (50代~ ) 北海道、東北 在住

私の場合、27作目「浪花の恋の寅次郎」、32作目「口笛を吹く寅次郎」、そして34作目以降の全作品を劇場で見ました。またレンタルビデオで、残りの全作品を見ています。真っ先に思い浮かぶのは、35作目「寅次郎恋愛塾」です。実際あんな手順で、デートがうまくゆくものかと、当時も劇場で見ていました。最後の、山中でリフトに乗って、平田満をみんなで探しだす場面では、まさに涙と笑いが一緒に来ました。なきながら笑い、笑いながら涙でした。「若菜ちゃんが、お前のこと愛しているってよ」の寅さんのセリフに、恥ずかしそうにする若菜が素敵でした。
48作目「寅次郎紅の花」では、泉ちゃんと満男君が、海辺でやりとりする場面が好きです。満男君に甘いセリフを期待する泉ちゃんが、非常に可愛らしいです。
寅さん映画が終わって、約20年経ちますが、ものの考えかたもかわっていくようです。以前は、「そこが渡世人のつらいところよ」のセリフとともに、マドンナをすっぱり諦め、旅に出る寅さんに共感したこともあるが、今は、リリーさんの言うように、「若い時の恋はぶざまでも格好悪くてもいいじゃないか」の考え方が正しいと思います。一生に一度の人生ですから、おおいに恥をかくべきだと思います。
さわやかで、ベストカップルだなと思うのは、40作目「寅次郎サラダ記念日」の三田寛子と、尾美としのりコンビです。あんな交際もいいですね。笑ってしまったのは、37作目「幸福の青い鳥」での長渕剛の「若いときは天才だと騒がれたが、看板屋で仕事しているうちに、描く絵がだんだん看板みたいになってきた」のセリフです。31作目「旅と女と寅次郎」で、寅が、「海、ゆかばー」と歌いだすのも笑えます。38作目知床慕情では、すまけいのセリフ「りん子ちゃん、もうどこにも行くな」が、じんときます。別に悲しい場面ではないのだが、ふっと目がしらが熱くなりました。また、31作目「旅と女と寅次郎」もせつないです。けっきょくスターのはるみちゃんと庶民の寅との間には、越えられない壁があるようです。
ストーリーがわかっていても、何回も見たい映画が名画だと思います。今では半年先、あるいは1年先の寅さんを待っていたころが懐かしいです。


教えてくださ~い

石川たくやさま (50代~ ) 関東 在住

北海道、夜汽車の中で初めてリリーを見た寅さんは、その後、港町でリリーと初対面となるわけですが、その直前まで寅さんは路上でレコードを売っていました。寅さんファンなら思い出すでしょう。ところであのときのレコードはなんという歌手のなんという曲のレコードだったのでしょうか?気になって仕方がありません。

 

(お答え)

五木ひろしさんの「あなたの灯」です。


寅さん

ともさま (50代~ ) 関東 在住

寅さんが恋しいです。
他人のことを自分のことのように考えてくれる人。私は柴又の隣、葛飾金町に住んでいます。帝釈天には時々行きます。
一度帝国ホテルの入口で渥美さんに偶然行き会いました。一般人の私にドアを開けてくださり、どうぞとおっしゃって下さいました。優しい寅さんそのものでした。
寅さんに会いたいです。今はどこを旅されているのでしょうか


拝啓 車次郎先生!

遅れてきたファンさま (50代~ ) 中国、四国 在住

恥ずかしながらこの歳(52才)になって初めて「男はつらいよ」シリーズの素晴らしさに目覚めました。

去年の10月にBSで毎週土曜日の放送が始まってから、1本も逃さず見ています。それももう残りあと僅かかと思うとさびしくてなりません。

今では寅さんは僕にとって、人生の師であり憧れてやまない人です。

私利私欲がなく、困っている人を放っておけないあの限りない優しさは、外見はどうあれ天使のような人ではないですか。

そして「とらや」のおいちゃん、おばちゃん、妹のさくらがまた寅さんに輪をかけてお人好しな人たちばかりで、見ていると何だかわかりませんが涙が出そうになります。

私はこの歳になってもまだまだ迷うことばかりの愚かなる中年男ですが、少しでもあこがれの寅さんに近づけるよう、奮闘努力に励みたいと思う今日この頃です・・・。


寅さんの魅力

r-sさま (50代~ ) 中部、東海 在住

この何年かはよく寅さんを観ています。
寅さんの魅力ってなんでしょう?

平隠な日常を送るとらやに、勝手気ままな渡世人の寅さんが帰ってくると必ず騒動になり、面白くも可笑しくもある物語になります。そして最後はまた旅に出てしまいます。
でも、とらやの人々は寅さんの気持ちをちゃんと知っているからケンカしたり悪態をつかれたりしても、やっぱり寅さんを心配しながら帰りを待っています。

そこにマドンナや多彩な出演者らが加わり、いろんな人間模様があったり失恋したり、時には「人間らしさ」時には「生と死」そして「家族」といったことを真正面から見つめています。もちろん寅さん流ですから重くはなりません。
観ている私たちにはたくさんの笑いと同時に涙や感動も生まれてきます。
これは脚本や演出の妙であり演者の凄さだと思いますし、それが「男はつらいよ」の魅力なんだと思います。

寅さんのことばにも惹かれます。
愛とは何か?恋とは?なぜ勉強するのか?どうして大学に行くのか?そして人は何の為に生きているのか?
寅さんの答えは見事です。
人間が生きて行く上で必ず直面する様々な疑問に、寅さんの簡潔にして明瞭な答えは心に沁みるのです。

そして素晴らしいのはラストシーンです。どの作品もそうですが、どんなに酷いふられ方をしても或いは悲しく辛いことになっても、最後はいつも楽しくて明るくてとても清々しく終わります。
観終わった後はとても爽快な気分になり希望が湧いてきます。「自分も頑張ろう!」って気持ちにさせてくれます。

それでついまた観ようってことになります。
これはもう何度観ても飽きません。それどころか観る度に新しい発見があるくらいです。
観ているこちらも歳を重ねているせいか、同じ作品でも以前観た時と感じ方が違ったりするのがまた面白いところです。
「男はつらいよ」のそういった懐の深さには渥美清さんと山田洋次監督の矜持を感じます。

私は封切で寅さんを観たことが無いことをとても残念に思っています。
最新作を満員の映画館で他の観客と一緒に大笑いしてそして涙したかった。
後悔と反省の日々です。
でも、今ではよく寅友が集まって本編を観ています。
みんなで観る寅さんはやはり楽しいのです。


  • 文化放送 新・みんなの寅さん
  • 寅さんのことば
  • 寅さんのことば 風の向くまま気の向くまま 佐藤利明
  • 寅さんのことば 男はつらいよ寅次郎音楽旅